FPの気になる平均年収は?

FPの平均年収は、他の士業者同様に一企業内に所属して活動する場合と
独立開業して活動する場合とでも異なります。

 

ただし、一般的な士業者が企業内で働く場合には、
他の一般社員と同等の給料を支給される事が多いのに対し、FPの場合には、
出来高制となる事が多いと言われています。
ですから、同じ企業系でも、成績次第で年収300万円前後の人も居れば、
年収600万円の人も居る、という訳です。
要は、専門的な知識を最大限に活かしつつ、自社金融商品をどれだけ顧客へ販売できたか、
という月々の成績によってその収入額も大きく変動すると言う事になります。

 

そういった背景もあり、FPの平均年収の幅は非常に広く、
およそ300万円から2000万円前後までと言われています。

 

一企業内に所属して活躍する企業系であっても、やり方によっては、
年収1千万越えも夢ではない、という事です。
しかも基本的には会社員ですから、毎月の基本給は必ず支給される上、
福利厚生も充実しているなど、申し分ない待遇も受けられる訳です。
そう考えれば、高収入を目指してリスクの高い独立開業を目指すよりも、
はるかに堅実だと言えるのではないでしょうか。

 

もちろん、独立系として成功を収めた暁には、大きな収入と共に、
この上ないやりがいを得られる事は間違いないでしょう。
ですが、実際のところFP業務1本で大きな成功を収めている人というのは、
非常に稀な存在であるのが現状です。
多くの場合、その他の資格を併せ持つなどして、多岐にわたる業務をこなしていると言い、
高い営業力や豊富な人脈を持つ人などが有利になる事は言うまでもありません。

 

企業系であっても、自分のやり方や努力次第で如何様にも働ける上に、
際限なく高収入を目指す事も可能、という点こそFPという職業の最大の魅力と言えるでしょう。

関連記事

MENU

最新記事