活用法は十人十色!これからの時代、持っていて損は無いFPという資格 > MENU > 独立系FPとしてフリーな活躍を目指そう!

独立系FPとしてフリーな活躍を目指そう!

一般的に独立系FPとして活動する場合、
収入を得るための手段は二通り、と言われています。

 

まず一つ目は、本来の相談業務に特化して活動し、1案件いくら、
という具合に相談料もしくは顧問料を頂いて主な収益とする、地道な手段です。
地道に見える日々の相談業務の充実こそが、独立FPの成功を支える基盤となりますから、
一件一件を大事にしながら、数々の案件をこなす事がスキルアップにも繋がります。

 

基本的に金融商品などの販売は行いませんが、
第3者として公平な立場で顧客の相談する保険商品や金融商品に対するアドバイスを
提供しているケースも少なくありません。
場合によっては独立FPであっても、ある企業の金融商品や保険商品販売の仲介を行って
仲介手数料を収入源とすることもあると言います。

 

人前で話したりする事が得意な人であれば、自分がこれまで培った経験や知識を活かし、
各種講演活動や、セミナーなどを開催して収入を得る事も可能でしょう。
最近ではインターネットも普及し、手軽に広告や宣伝も出来る様になりましたし、
書籍の出版もネットを通してできる世の中になっています。
そういった便利な背景を利用し、相談業務の傍ら、執筆活動に励むのもまた、
一つの手段と言えるでしょう。

 

独立系FPとして成功するカギは、ズバリ、
その道の専門知識だけでなく自分の得意分野をも活かし、
他とはひと味違うスタイルを構築する、という事でしょう。
独立系FPとして活動している人は全体のわずか2割程度という現在の状況は、
言いかえれば競争相手も少なく、やり方によっては大きく成功できるチャンスもあると言う事です。
そう考えれば、独立するなら今が狙い目とも言えるかもしれません。

関連記事

MENU

最新記事